トップ

自転車保険の必要性

子どもの接触事故について

子どもが自転車事故にあったら・・

子供が一人で自転車に乗っている時、バイクと接触事故を起こした場合についてです。
日常生活を送る上で、自転車は欠かせない交通手段になっていますよね。その魅力は、なんといっても、気軽に乗れること!小さな子供からお年寄りまで幅広い年齢層の人が自転車に乗って移動しています。

ただ、最近問題となっているのが、自転車事故なのですよね。自転車で走行中、歩行者と接触して、1億円もの損害賠償を払わざるを得なくなったケースもあるくらいです。

そんな不安を払拭してくれるのが、自転車保険です。

大人は、走行に対して、ある程度の注意を払えるけれど、小さな子供は、注意力が散漫なために、大人に比べて自転車の接触事故を起こしやすいと言われています。

子どもが加害者になった時はもちろんですが、時には自動車やバイクなどと接触をすることで、被害者になるケースもありえますよね。悪質な人であれば、事故があったことを警察に通報せず、そのまま立ち去る場合もあります。

事故に遭ってしまった場合、小さな子供一人では、とっさに何も対応ができませんよね。しかし、ある程度、事故が起こった時の対応方法を教えておくことは可能です。でも、どのようにして対応方法を教えれば良いのか難しい所ですよね。

・連絡先を聞く
事故当時、パッと見て大きな怪我がなくても、実は時間をおいて痛みが出てくるということもあります。できることなら相手の連絡先などを聞き出しておきたいところです。
ただ、卑劣な人の場合、子どもだと思い甘く見て、連絡先を告げずに逃げようとする人も居るので注意が必要です。
また、警察を読んでほしいと叫ばせることも大切です。しっかりしている子どもが相手だと悟った相手方は誠意ある対応をするようになりますよ。

・近くの人に助けを求める
保護者が近くにいる場合はともかくとして、子どもが一人でいる場合って大人に対して積極的に会話をすることができませんよね。そんな時には、周りにいる大人に助けを呼ぶように教えておくと良いですよ。

事故に遭った時にどうすれば良いか、子どもに伝えておくことは、その子自身を守ることになります。日ごろから口を酸っぱくして教えてあげてくださいね。